成長期における野球での様々な投球障害を事前に予防するため
年2回の定期的なエコー検査及び身体検査・機能(可動性)を実施いたします。
 
診断結果は各選手にフィードバックされ障害予防に役立ていきます。